いのちの花を
咲かせよう

本当の自分を解き放ち、
自由に生きたいと願うあなたへ

トップ > 記事一覧 > 自分らしさの種を育てる

自分らしさの種を育てる

2022/02/02(水)
豆苗の豆の部分を、水に浸して日向に置いておいたら、こんなに成長していてビックリしました。ほぼ放置状態で何もしなかったのに。昨日今日とお天気が良かったからだと思うんですが、植物の生命力ってすごいなと思って。
人間も自然の一部ですから、本来はこういった生命力が備わっているはずですが、良くも悪くも知恵があるので、「こうしなければいけない」とか、逆に「これはしない方がいい」とか、そういうことに囚われて、本来備わっている生命力を残念ながら殺いでしまうことがあるように思います。ヒエラルキー(階層)でいかに高みをを目指すか、みたいなことに囚われてしまうと、なおさら自分を見失ってしまいがち。

では、どうしたら良いのでしょうか。わたしは社会の物差しではなく自分の物差しに一致していくことが大切だと考えています。具体的には、自分に合う環境に身を置くこと、自分の中に自然と湧いてくる「何かをしたい」という思い、つまり行動の種を察知してそれに素直に従うこと、といえるでしょうか。

とはいえ、現実的な制約から、「それはわかっているけど」ということもあるでしょうけど、そういう場合も、あまりガチガチに自分を縛らずに「ねばならない」という思いを少し緩めてあげる、フワッと心地よく過ごす工夫をする、そんなことが大切なのではと、わたしは考えています。

メニュー

記事を書いている人

小野貴子

福島県福島市在住WEBデザイナーの小野貴子です。県内外の企業、店舗、個人の方々のWEBサイトを制作させていただく中で、次第に自分自身の言葉で発信したいという思いが募り、「いのちの花を咲かせよう」を開設。

わたし自身、本質を生きるためにはどうしたら良いのか、探求する中での気付きや、感銘を受けた本、映画、言葉などをこちらでシェアしています。

日記的なことや、その時々で気になったことについてはFacebookとブログ(takako-style)で発信中。

LINE_QR

LINE友だちに追加いただけると嬉しいです。小野貴子から「お知らせ」などをお届けします。