いのちの花を
咲かせよう

本当の自分を解き放ち、
自由に生きたいと願うあなたへ

トップ > 記事一覧 > 本来の自分に戻る旅

本来の自分に戻る旅

2022/01/24(月)
仕事が遅いというのが長年の悩みの種で、どうにかならないものかと思っていました。向田邦子さんが、何かのエッセイで「集中できる薬があるなら10万円でも買いたいと」仰っていましたが、わたしも同じ!と内心思っていました。

雑念がわいてくるというか、葛藤が起こってしまうというか、とにかく無駄に力が入っていることはわかるのですが、それをどうやって解消したら良いのか、わからないという感じ。

ですが、ここのところ解消できつつあるように思います。それは、どうして葛藤が起こっているのか、自分の心の中が理解できるようになってきたからです。

詳細は書ききれませんが、ポイントをかいつまんでいうなら、この世には常識や固定観念といった様々な価値基準があり、それが状況によりわたしたちを精神的に束縛したり劣等感を植え付けたりことがあると理解すること、それらの固定観念は絶対的なものではなく(実際に時代とともに常識は変わっていますし、その時々の権力者が自分たちに都合のいいようにつくっている面があるかと)自分本来の価値とは関係がないと理解すること、そしてそれらに囚われない練習をすることだと思います。

わたし自身、まだまだ練習の途中ですが、この練習は知らず知らずまとっていた鎧を一枚ずつ脱いでいくようなもので、それは本来の自分に戻っていく心躍る旅のように、わたしは感じています。

メニュー

記事を書いている人

小野貴子

福島県福島市在住WEBデザイナーの小野貴子です。県内外の企業、店舗、個人の方々のWEBサイトを制作させていただく中で、次第に自分自身の言葉で発信したいという思いが募り、「いのちの花を咲かせよう」を開設。

わたし自身、本質を生きるためにはどうしたら良いのか、探求する中での気付きや、感銘を受けた本、映画、言葉などをこちらでシェアしています。

日記的なことや、その時々で気になったことについてはFacebookとブログ(takako-style)で発信中。

LINE_QR

LINE友だちに追加いただけると嬉しいです。小野貴子から「お知らせ」などをお届けします。